ブログ

Grabタクシーを使ってマカティまで移動(ブログ007)

2020年3月11日

Grabタクシ乗り場からの眺め

さて前回はジョリビーでフィリピンでの初の食事を済ませるとこまで終わりました。

ジョリビーを出てもう少しベンチで時間を潰した後、ニノイ・アキノ国際空港のターミナル1にあるGrabタクシー乗り場へ向かうことにしました。

いざGrabタクシー乗り場へ

さて時間もそろそろいい時間、空港の建物を出てGrabタクシー乗り場への道のりです。

日本から事前にGrabタクシーアプリをインストールしており、フィリピン現地についてからはGrabタクシーアプリでクレジットカードの登録も済ませておきました。

ちなみに日本でクレジットカードの登録をしようとするとエラーが出てできませんでしたので、フィリピンに着いてからクレジットカードの登録することをオススメいたします。

Grabタクシー乗り場は空港の到着ロビー階にあるので、空港の建物を出て階段で1つ下の階へ降ります。そこでGrabタクシー乗り場があるであろう方に行くと、空港のガードマンらしき人に止められる。

「Grab Stationに行きたい」旨を伝えて、「あっちだよ」というやり取りでGrabタクシー乗り場にたどり着くことができた。

Grabタクシーの配車リクエスト

Grabタクシー乗り場では女性1が食事中であった。話しかけ良いものがわからなかったがとりあえずマカティのグリーンベルトまで行きたいことを伝えた。

ターミナル1のGrab乗り場

 

自分でGrabアプリを使っても良かったのだが、この時はまだつい方がよくわかってなかったので行き先を伝えてGrabタクシーを予約してもらった。

Grabタクシーアプリを入れてない人でもここのGrabタクシー乗り場へ行けばGrabタクシーに乗ることが可能です。

ちなみに今回の行き先はマカティ、グリーンベルト1です。というかグリーンベルト1〜5まであるようだがどれを指定すればいいのか分からなかったのでとりあえずグリーベルト1を指定したw

配車リクエストが完了する前に金額を教えてくれるのでその金額でよければ配車をお願いしてリクエスト完了です。

ドライバーが決まると車のナンバー、運賃、車種、車の色を書いた小さな紙を渡してくれる。この時の料金は345ぺそでした。

Grabタクシーのチケット

 

マカティのグリーンベルトへ

5分ほどするとGrabタクシーが到着。乗り込むと名前を確認されたので、Yesとだけ答えて出発です。

一つ気をつけるとしたら日本ではタクシーは自動ドアが当たり前ですが、海外ではドアは自動ではありません。自分で開け閉めする必要があります。

道中は初めて見るフィリピンの街並みをただただ新鮮さを持って堪能していました。次回はマカティのグリーンベルトでの話です。

-ブログ

Copyright© マニライフ , 2020 All Rights Reserved.