ブログ

ニノイ・アキノ国際空港でひたすら瞑想(ブログ005)

2020年3月9日

ニノイ・アキノ国際空港の到着ロビー

 

軽い気持ちで来たフィリピン マニラ。多少のフライトの遅延はあったものの、無事にフィリピンに到着した。

しかしながら現在時刻は夜中の1時、空港から動こうにも一人では怖くて動けない状態。

仕方がないので元々の予定通りニノイ・アキノ国際空港のターミナル1で朝まで過ごすことにする。

先ずは両替

到着ロビーについて先ずは何をするかというと、フィリピンペソへの両替である。現地通貨を手に入れないことには何もできない。

ニノイ・アキノ国際空港のターミナル1にある両替所は、スーツケースを回収し到着ロビーに出て右側に2箇所ある。

私が行った時は2店舗ともレートは変わらなかった。何も言わずに1万円札を差し出すと、何も言わずに当時のレートで4550ペソを出してくれた。

空港で両替する場合は街中で両替するよりレートが悪いと聞いていたが、当時のレートからして全然悪くはなかった。どうせならもっとここで両替してもいいかなと思ったくらいである。

現地ネットワークの入手

次にやることは現地での通信手段の入手である。つまりはスマホをネットワーク接続できるようにしなければいけないのだが、今回は短期滞在ということもあり、ドコモの海外パケットし放題の3日間プランを契約してネットワークに繋ぐことにした。

後々考えてみると、現地SIMを購入しロードした方が圧倒的に安いので次回からは現地SIMすることにした。

繋がったネットワークはSMART。4Gで繋がるのでスピード的にはなかなか快適である。

出発ロビーへの移動

さて次にやることは、到着ロビーは時間を潰せるようなベンチすらないので到着ロビーへ移動してベンチに座ってひたすら時間を潰すことである。

事前に調べていた通り、ターゲットとなるエレベーターは発見した。しかしながらこのエレベーターに乗っていいいものなのかが不明。確かに利用している人は空港職員のような人ばかりである。

私は「このエレベーターを利用していいか?」なんて英語で聞けるはずもなく、しばらくエレベーターの側でステイした。

2分ほど経過した時に誰も見てない一瞬の隙をついてエレベーターに乗り込み上階へ移動することに無事成功した。

出発ロビーでの苦行

無事に出発ロビーに到着することはできた。目的のベンチも見つけることができた。側にはジョリビーと売店もある。

出発ロビーのベンチではたくさんの人がフライト待ちのために時間を潰しており、中には地べたに寝てる人もいた。

私は空いてる席に座りひたすら時間が流れるのを待つのみである。これがまた苦行もいいとこで、クーラーはガンガン効いていて寒いし、初めての異国の地でそう簡単にねれるほど機持ったMが座ってるわけでもないので、ひたすら耐える時間が続いた。

このあたりは次回に向けての課題であるw

出発ロビー階のベンチから

まとめ

フィリピンに着いてまだ1時間ほどしか経過してないが、英語はまだ一言も発していませんw

とりあえずフィリピンへ行くだけなら英語を全く理解してなくても何とかなりますね。

ベンチでの苦行の後はジョリビーで朝食をとることにしました。それでは次回へ。

-ブログ

Copyright© マニライフ , 2020 All Rights Reserved.