ブログ マラテ(Malate)

フィリピンで焼肉(ブログ012)

さてホテルでしばらく睡眠をとり時間は6時前くらい。

晩御飯は何にしようか、せっかくフィリピンに来たのだから、フィリピンフードを食べるべきなのか色々と迷うところ。

とりあえずロビンソンプレースに行けば何か食べれるかと思い、またもやロビンソンプレースに向かう。

ロビンソンプレースを彷徨う

とりあえずロビンソンプレースに来たものの何を食べれば良いのか分からない。

しかも飲食店は結構日本にもあるお店も多いです。

お昼に食べた、ラーメン屋の一風堂、カレー屋のココイチ、あとはペッパーランチやピザハット、マクドナルドなど。

まぁ日本のお店以外にも飲食店は沢山あるんですがどこもイマイチ決め手に欠けます。

(旅行後に知ったんですが、3Fにはフードコートがあるようです)

結局ロビンソンプレースで夕食を食べることは諦め、一旦モールを出ることにします。

ホテル内の飲食店を様子見

そう言えばホテル内にも少し飲食店があったと思い、一旦ホテルに戻ることにします。

シェラトンマニラベイホテルの東側からではなくて南側のエントランスから入ると飲食店が数店舗ありました。

ちなみにこの南側のエントランスも金属探知機のゲートをくぐる必要があるんですが、これがまたエントランスから入って奥側から手前側にくぐる必要がありなんだか違和感ありですw(ちょっと説明難しいw)

1Fにはラーメン屋だったりお寿司屋だったりがあります。そして、エスカレータで上階へ行くと日本風の居酒屋があります。

シェラトンマニラベイホテルにある居酒屋

 

居酒屋メニュー

 

結局焼肉屋さんへ

さらにエスカレータで上階へ上がると確か4Fに牛門という焼肉屋がありました。

そろそろかなりお腹がすいてきたこともあり、この焼肉屋に決めようか悩みます。

牛門外観

 

めっちゃバリバリ日本語です。「焼肉好きが集まる超本格的な焼肉店」と書いてるのが逆に怪しいですw

とりあず入店することにしてみます。

お客さんはまだそれほど入ってない模様、1名であることを伝えると店員さんは少し困った様子で一応席に案内してくれる。

案内された席がこちら。

牛門の席

どうやら私のように一人でこのお店を利用することはあんまりないようで、周りを見渡しても同伴出勤前と思われる人たちばっかりでしたw

お店の看板に炭火と書いてありますが、炭火ではないようです。

メニューも日本語ばっかりでかなり分かりやすく、お値段も日本とあんまり変わらないくらいです。

牛門のメニュー

 

適当にお肉を3点ほどと、サンミゲルライトを注文してしばし待ちます。サーブのタイミングは特に遅くもなくすぐにきました。

フィリピンやっと飲む初めてのサンミゲルライトです。フィリピンと言えばサンミゲル、サンミゲルと言えばフィリピン。やっとフィリピンに来たって感じですね。

サンミゲルライト

 

フィリピンの超本格的な焼肉店のお味は?

う〜ん、やっぱり焼肉は日本で食べたほうが美味しいですね。決して美味しくないわけではないですが、コスパを考えると一度行けば十分かなという気分です。

結局ビール2杯、お肉3品、ご飯を注文してお会計は2,300ペソほどでした。日本円で5,000円弱。

牛門のお肉

 

まとめ

別にこの記事のまとめってわけでもないのに毎回「まとめ」。

さてさて、サンミゲルライトお肉でお腹を満たしのでやっと夜の散策の始まりです。

ただしここはフィリピンのマラテ、夜の一人歩きは要注意ってよく言われてるので一旦ホテルの部屋に戻り事前調査委をすることにします。それではまた次回。

ホテル予約のおすすめ

ホテルのご予約はAgoda(アゴダ)がオススメです。

シェラトンマニラベイのプール。こちらをクリックするとアゴダの予約サイトに飛びます

-ブログ, マラテ(Malate)

Copyright© マニライフ , 2020 All Rights Reserved.